レンタルサーバーチェックの背景画像

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを借りたいけど比較サイトを見てみても「専門用語が多すぎてどれを選んでいいか分からない」、「VPSや専用サーバーとの違いは?」など色々な疑問が出てくると思います。そこで今回は必要な専門用語はしっかりと解説し初心者の方でもすぐにレンタルサーバーが選べるように記事をまとめました。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとはサーバーを借りる事を意味します。サーバーはホームページやブログなどを保存しインターネット上に公開することが出来ます。

しかしサーバーを自分で作ることはとても難しくプログラムやネットワークなど専門の知識が必要になり、一日中パソコンの電源をつけないといけません。そういったデメリットを解決してくれるのがレンタルサーバーです。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類は大きく分けると共有サーバー、VPS、専用サーバーに分かれます。一般的にレンタルサーバーと言えば共有サーバーの事を指すことが多く、VPSや専用サーバーはサーバーの知識が必要になる代わりに権限が与えられたり(サーバー内でできることが増える)、他のユーザーと干渉しづらくなるので安定した速度が出やすいなどのメリットがあります。

共有サーバー

共有サーバーとは1台のサーバーを複数のユーザーで共有しているサーバーを指します。VPSや専用サーバーに比べ値段が安く、専門知識がなくても簡単に始められることがメリットとしてあげられます。

  • メリット
  • ・プログラムやサーバーの知識がなくても簡単に始められる。
  • ・コストが圧倒的に安く月額数百円から始められる。
  • デメリット
  • ・他のユーザーの使用状況によっては速度が落ちる。
  • ・権限が限られているのでサーバー全ての機能が使用できない。

VPS

VPSとは1台のサーバーを仮想空間で区切ってあるサーバーを指します。仮想空間で区切っている為他のユーザー環境に左右されずらく、安定した速度を期待できます。値段帯は共有サーバーと専用中間の位置に位置します

  • メリット
  • ・他ユーザーに影響されずらい。
  • ・サーバー上でより細かな設定ができる。
  • デメリット
  • ・ある程度のサーバー知識が必要になる。
  • ・リリース後も自身で運営・保守を行う必要がある。

専用サーバー

専用サーバーとは1台のサーバーを1ユーザーで占有できるサーバーを指します。サーバーの設定をVPSに比べより細かく設定する事が出来ます。独自のカスタマイズを行えるのでコンテンツにあったチューニングを行う事ができます。

  • メリット
  • ・一台のサーバーを1ユーザーで使う為他ユーザーに影響されない。
  • ・VPSに比べより細かな設定や機能を使用する事ができる。
  • デメリット
  • ・初期費用、月額料金などのコストが高い。
  • ・VPSと同様に運営・保守は自身で行う必要がある。

レンタルサーバーを選ぶコツ4つ

レンタルサーバーを選ぶコツ4つ

レンタルサーバーを決める際に最低限決めておきたい項目を4つまとめました。どの項目も重要なので1つづつ確認していきましょう。

1.必要な機能を決める

レンタルサーバーを使ってどんなコンテンツをユーザーに公開したいのかを決めます。コンテンツの内容によってサーバーに必要な機能が変わります。例えばオーソドックスなものだとホームページやブログを効率的に製作できるWordPressがあります。

WordPressを利用する場合、WordPress対応のレンタルサーバーを利用する必要があります。レンタルサーバーのプランによって対応・非対応が変わるので必ず確認しましょう。またプログラムの知識がなくても簡単にWordPressなどをサーバーにインストールできる「簡単インストール機能」も合わせて確認しておくといいでしょう。

サイト規模を今後拡張していく予定の場合はスケールアップ(プランを拡張)を行えるか確認しましょう。

2.サイト規模を決める

サイト規模によって必要な転送量、ディスク容量が変わります。転送量とはユーザーとレンタルサーバー間で行われる通信量です。

ユーザーがウェブサイトにアクセスする度にサーバーと通信が行われててサーバーからデータを受け取っています。例えばウェブサイトの内容が書かれているHTMLファイルや画像ファイルなどが該当します。

レンタルサーバー業者のホームページに転送量とおおよその目安が書いてあるのでチェックしておきましょう。

3.月々の費用を決める

レンタルサーバーの月額料金は様々で低いものは数十円から数万円まであります。共有サーバーの場合、数百円から数千円の物が多いです。最近では安価で高機能なサーバーが提供されていることが多く、低コストで選べるレンタルサーバーの幅が広がっていると言えます。

4.サポートはどこまで必要か

メールサポートや電話サポート、代行サービスなど様々なサポートがサーバーによってありますが、どこまで必要なのかを確認しましょう。

基本的にメールサポートはどのサーバーでもできますが、電話サポートや代行サービスなどはサーバーやプランによって異なります。レンタルサーバーをまだ借りた事がない方は、電話サポートがあるレンタルサーバーを探してみるのがおすすめです。

おすすめレンタルサーバー

当サイトでも人気が高いレンタルサーバーを3つピックアップしおすすめさせていただきます。目的別にピックアップしたので是非参考にしてみてください。

低コストでまずは初めてみたい方:ロリポップ!

低コストでレンタルサーバーを使ってみたいならロリポップ! がおすすめです。月額100円からの気軽さと全プランチャットサポートの安心感があり初めての方でも安心して始められます。

  
    ロリポップの評価・評判   
月額料金100円〜
初期費用1500円~
ストレージ容量10GB~
無料期間10日間
サポートメール、チャット
ロリポップ!

安心して使いたい方:さくらのレンタルサーバ

レンタルサーバー老舗のさくらのレンタルサーバ。129円からの低コストと電話サポートが付いているどなたでもすぐに始められるレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバの評判・評価と口コミ
月額料金129円〜
初期費用1029円~
ストレージ容量10GB~
無料期間14日間
サポートメール、電話
さくらのレンタルサーバ

アフィリエイトを行いたい方:エックスサーバー

高性能で安定しているレンタルサーバーをお探しならエックスサーバー がおすすめです。高性能なサーバーに加え、電話サポートも対応している為初心者から上級者まで満足できる内容になっています。

エックスサーバーの評価・評判
月額料金900円〜
初期費用3000円~
ストレージ容量200GB~
無料期間10日間
サポートメール、電話
エックスサーバー

まとめ

レンタルサーバーの選び方を紹介しました。最初はレンタルサーバーの種類が多くて専門用語が多く難しいと感じるかもしれませんが、最低限必要な項目だけ決めていけば必要なレンタルサーバーを絞る事ができます。

運営者情報

このサイトを運営しているTKC(たけし)です。レンタルサーバーは難しい用語が並んでいてなにを選べば良いか悩んでしまいますよね?

そんな時に少しでも僕がレンタルサーバーを使った経験がお力になれれば!とこのサイトを立ち上げました。

ブログはこちら

レンタルサーバーの比較サイトはこちら

TKCについてはこちら

TKCにお問い合わせ

最新の口コミ、評価

現在の口コミ総数は16件です。